バラエティーマジシャンなか。たつやさんと恋愛対談!第二回

バラエティーマジシャンのなか。たつやさんと恋愛対談、第二回。
前回の対談でモテマジックを披露してくれたなか。たつやさん、
今回はモテマジックについて教えて頂きました。
モテにつながる秘密がいっぱいの対談第二回、スタートです!


マジハラ、してませんか?
なか。さんが語る、モテマジックの定義とは


小林:
「呑み屋でモテマジック」というDVDを出していらっしゃる
なか。たつやさんですが、ご自身、マジックでモテ得体験をしたことはありますか?


なか。:
まず、一番最初にマジシャンを始めたきっかけの一つに、
「モテたい」っていう気持ちがありましたね。



小林:
マジックに関わらず、きっかけ部分なんて大抵何でもそうですよね。
野球でもサッカーでも音楽でも…(笑)


なか。:
大抵、下心ですよね、男は(笑)

マジックをやり始めたばかりの頃は、モテたいがばっかりに
「俺こんなんできんねん!」ってマジックを見せまくったんですよ。
その時は…モテなかったですねぇ(笑)



小林:
そうなんですか…。
下心バレバレって感じだったんでしょうか。


なか。:
だと思いますね。
別に、見たいとも言われてないのに見せていたわけで。
もうマジックの押し売りみたいな状況ですよ(笑)

そういうのを僕らは業界用語で、「マジハラ」と呼んでます。
マジックセクハラの略です(笑)




小林:
あはははは(笑)
これは2008年の流行語大賞候補かも…


なか。:
やっぱり、マジック憶えたての人だと、
「見て見て!!」っていう、マジハラ状態になりがちなんですよ。

それを見てて何とかしたいな、と。
せっかくマジックをやっているんだから恰好良くいて欲しいんだけど、
やはり、何かとスベリがちなんですよね…。


小林:
誰も望んでいないマジック披露の連続で、 感動どころか何とも言えない空気に…って感じですかね?


なか。:
そうなんですよ!
せっかくマジックを披露しても、
「凄い」とも言われず「もういい」って…。

そんな惨状を見てきたので、きちんとしたモテマジックというものをやりたいなぁと。


小林:
なるほど。
せっかくマジックが出来るのに勿体ないですよね。



なか。:
はい、非常に勿体ないんですよ。
僕なりのモテマジック定義がありまして、
その中の1つが「自分からマジックを見せないことから始まる」です。


小林:
自分から見せない?マジックをですか?


なか。:
マジックを見せるタイミングですね。

例えば、「どんなお仕事してるんですか?」って聞かれたら、指輪をパッと消してあげる。
そこで女性が「なにそれー!」的なリアクションに大抵なります。
「もっと見たい?」とこちらから聞けば「見たい!見たい!」という流れになります。

これで相手にマジック受け入れ体勢が出来るわけです。
ここで初めて、マジックを披露するんですよ。



小林:
なるほど、「見たい!」と相手に思わせるわけですね。


なか。:
いきなりこっちから「マジック見せるよ」っていう状況では、
相手は受け入れ体勢になっていないですからね。
そこって、凄く大事な部分なんですよ。



小林:
心理戦ですね、そこは。


なか。:
そうですね。
最初、自分に興味を持ってもらった状態にしてからマジックをやると効果が上がるというわけです。
それが僕の中では、「モテマジック」ではないかな、と思うわけです。




小林:
マジックそのものではなく、マジックを披露するまでの流れを上手く作る、と。
マジックの見せ方、生かし方が「モテマジック」ということですね。


なか。:
これは定義部分なので、DVDには入れてはいないんですけどね。

DVDには電話番号を入手できるマジックなど実践的なものが入っているので、
今話したような定義の部分と、
実践的な電話番号を使うマジックなんかを組み合わせれば、
よりオシャレに電話番号が交換できたりするわけです。



小林:
確かに…。
組み合わせると、かなりスマートに電話番号も聞けますよね。


なか。:
いきなり「電話番号教えてよ~」じゃあ、ちょっとね。



小林:
確かにこのDVDはマジックの技術マニュアル的なビデオなので、
そういう定義というか心構え的な部分がおろそかになってしまっても、しょうがないですよね。


なか。:
いつか、「モテマジック」の定義的な部分から入れるものを作りたいなとは思っています。






女性はしっかり見ています!
男性のアノ部分、磨いていますか?


小林:
最近、男性用ネイルサロンが色々と話題になっていますよね。
2007年11月にオープンした有楽町のマルイにも男性用ネイルサロンがあって、
実際に行列が出来ていました。

以前、マジシャンの方がマニキュアを塗る、ネイルケアをしている、という話を聞いたことがあるのですが、
なか。さんはどうですか?



なか。:
はい、僕もネイルケアはしています。
最近のマジシャンの方はみんなネイルケアしていますよ。
多分、最初はMr.マリックさんだと思います。



小林:
あのMr.マリックさんですか!


なか。:
マリックさんは、昔から爪がピカピカなんですよ。
「マリックの超魔術」の時からテレビの画面越しでもピカピカでした。



小林:
へぇー、そうだったんですか。


なか。:
僕がマジック用品売り場で実演販売をしていた時に、
他のマジシャンの方も多く来ていたんですが、みんな爪や指先が汚くて。
それを見たときに、「プロは見た目も美しくないといけない」と、思いました。

> マジシャンは、指先を見られる職業じゃないですか。
だから指先、爪っていう部分は特に気を付けないと、と。




小林:
確かに。
テレビ等でも指先がアップで映ることも多いですからね。
ネイルサロンにも行っていたりしますか?


なか。:
最初、ネイルケアといっても何していいかわからないじゃないですか。
そこで、ネイルサロンに行きました。

まだあるのかな?一番最初は、西武新宿駅の駅ビルの中のネイルサロン。
たまたま入った駅ビルで見つけて…。

当時、男性がネイルサロンに行くなんて全く定着もしていなかったんで、
女性の店員さんに「男性でも大丈夫ですか?」って聞いてみたら、「全然OKですよ!」って


小林:
なかなか勇気がいりますよね、最初は(笑)
それをきっかけに、ネイルサロンには定期的に通っているんですか?


なか。:
1度行って爪をキレイにしてもらうと、大体7日から10日間持つとのことで、
その周期でしばらく通っていました。
通ううちにネイリストさんの技を盗み(笑)、今は自分でネイルケアできるようになりました。



なかさんの磨かれた爪…美しい!


小林:
女性って、男の手が好きな人が多いじゃないですか。
だから今後、男の人がネイルケアをしていく時代なのかなぁとも思うんですよ。



なか。:
確かに。
男の手が好きな女性は多いですからね。


小林:
昔は、男の手といえば、 「爪の中に土や垢の入ったような汚くて、ゴツい手」っていうのが
男の手のイメージだったと思うんですけど、今はそうではなく、
美しい手が求められるようになりましたね。


だから、ネイルケアもしてある美しい手を持つマジシャンの方は、 モテるんじゃないかなぁと思うんですよ。


なか。:
爪をキレイにしていて得すること、ありますね。
マジックをする時、トランプを広げたりするじゃないですか。
その時、どうしても女性の目は磨かれた爪にいくみたいで。

女性は必ず突っ込むんですよ。
「爪、きれいですね」って。

そう言われたら、「いやいや、お姉さんの方がキレイですよ?」って…。



小林:
なるほど…
いいですね、それ(笑)


なか。:
そこからね、トークに持って行く、という(笑)



小林:
…さすが、モテマジック!


なか。:
やっぱり、会話のキッカケになりますよ。
女性の方はやはりみなさん見ていますから。

僕の後輩マジシャン達には、
「絶対に爪は磨けよ、心を磨くのと一緒や」と伝えています(笑)



小林:
おぉ、名言が出ましたね(笑)



----------------------------------------------------------
みなさん、マジハラの経験ありませんか?
私は被害者になったことがありますが…かなり困りました(笑)
マジックを憶えて人に披露したくなる気持ちもわかりますが、ほどほどに!
次回最終回、なか。たつやさんの理想のタイプなどを伺います!

モテたい人は、ここをクリックッ!

恋愛ナビゲーター
小林 将大 (こばやし まさひろ)
1974年1月、東京都出身。
携帯向けコミュニティ企画/開発/運営をするエアロノーツ株式会社社長。
自らの失恋体験を元に、携帯向け恋愛相談サイト「みんなの恋愛相談」を構築。
わずか1年で10万件もの投稿があるサイトに成長させ、日本の恋愛教育に一役買っている。
■なか。たつや プロフィール■


スポーツ万能と言われていた小学生時代。野球に夢中だった。
第一次マジックブーム「Mr.マリック」の手品に感動し、
自ら独学で手品にのめりこんでいく。
その一方、相も変わらずスポーツ万能だったので
高校2年生の時ボクシングに出会い、
「世界チャンピオンを目指す。」始めて1年で
インターハイに出場。3位に入賞する。

その後、駒澤大学から特待生として迎えられる。
しかし、20歳の時、3ヵ月入院するほどの交通事故に遭い、
そのとき母親がリハビリ用にとプレゼントしてくれた
マジックの本がその人生の転機となった。
入院中の3ヶ月間でその本のマジックを習得した。
見舞いに来てくれた母親や、ナース、友人が皆喜び、感動してくれた。

その後、大学4年生では主将を務めるほどボクサーとしても回復を遂げたが、
プロ転向を志望せず、人を不思議な感動に巻き込む、マジックを選んだ。

その後、日本で1番のマジック会社「テンヨー」の
契約マジックディラーになり新宿高島屋で7年間修行する。
その頃に、「マギー審司」氏に出会い「デカ耳」を伝授する。
それがきっかけで、マジックブームが到来、
デカ耳も大ヒットし、テンヨーから「社長賞」を受賞する。

その後、ボクシング時代の後輩に
「つんく♂」氏を紹介してもらい、
本人の前で「つんく♂」氏のものまねをし、気に入られ
「つんく♂」氏の自ら経営されてる、
「TNX株式会社」に、つんくファミリーとして迎えられる。
  (当時 JPルーム株式会社)

所属タレントとして2年半過ごす。
現在独立し、バラエティーマジシャン「なか。たつや」として、
世界に向かってマジック街道を邁進中である。


■講師・マジシャンとして出演
・NHK  「お元気ですか日本列島」「きよしとこの夜」
・日本テレビ
 「所さんの目がテン!」「ズームイン!!SUPER」
 「浜ちゃんと!」「ニューススクランブル」
 「今日の出来事」「メレンゲの気持ち」
・TBSテレビ
 「8時です!みんなのモンダイ」「ブロードキャスター」
 「(特)情報とってもインサイト」「はなまるマーケット」
 「知っとこ!」「『ジャスト』お助け大作戦」
 「っちゅーねん」
・フジテレビ
 「めざましどようび」「F2-X」「めざまし天気」
 「ココリコミラクルタイプ」
・テレビ朝日
 「『ぷっ』すま」「やぐちひとり」
 「新春ワイドショーSP速報!!」
 「SUPER Jチャンネル」
・テレビ東京
 「ワールドビジネスサテライト」「ハロモ二」
 「ロンブー怪傑トリックスター」
・MXTV
 「東京モーニングサプリ」「Indies A Go Go」
・BS
 「原宿ロンチャーズ」
・BSキッズステーション
 「ハイパーGT」
・BSフジ
 「東京金歯」
・インターネット番組
 「つんく♂TV」
・スターデジオCh400(ラジオ)
 「嘉陽愛子のCome Together」

■構成演技指導
マギー審司
「デカ耳」プロデュース 

桜塚やっくん
 「エンタの神様」マジックネタ

くりーむしちゅう有田哲平
 フジテレビくるくるドカーン「モテマジック」


■ダンス&イリュージョンショー(総動員数)
 韓流フェスティバル2007「グッドウィルドーム」
 (25000人)
 府中の森芸術劇場
 ちゅらさん祭り(800人)
 京都府立芸術会館(600人)
 新宿Cord(1200人)

■イベント
 つんく♂ディナーショー、つんく♂シアター
 高島屋ゴールデンウィークスペシャル
 『なか。たつやマジックショー』
 埼玉南部地区会特定郵便局長総会
 HRNC主催クリスマス会
 株式会社ランシステム JASDAQ上場記念パーティ
 ジャイブ株式会社主催イベント
 REDエンターテイメント主催イベント
 ハッピートゥレール
 コープ東京区市国分寺委員会主催イベント
 新宿ロフトライブ、横浜高島屋パラソルイベント
 「後藤真希FCイベント」ゲスト出演

■雑誌
 「PATI-PATI」「フロム・エー」
 「プレイボーイ」「メンズナックル」「日系トレンディ」
 「週刊大衆」「月刊まんがくらぶ」
 「ViViグラマラス」

 その他、PV・イベント・結婚式など 多数出演

■オフィシャルblog
「なか。たつやのゴマすり物語」


告知 2008年1月3日 25時35分~
NHK 「VSマジック」に出演!


毎月第三水曜日にマジックスクールを開催しています。
モテマジックの個人レッスンも随時行っておりますので、
興味のある方は、公式ホームページよりお問い合わせください。


対談相手 大募集! エアロノーツ代表取締役・小林将大の恋愛対談相手を募集中です!
恋愛にまつわる色々なお話、聞かせて頂けませんか?
登場してくださった方には、自己PR枠もご用意します♪

性別・年齢・職業、自薦・他薦は問いません!
問い合わせ等も気軽にinfo@aeronauts.jpまでメールを!お待ちしております。