社会貢献活動

てのひらの上の感謝の気持ちを、世界の母と子へ

モバイルから私たちがサポートできることを…
ジョイセフの推進する“ホワイトリボン運動”に参加しています

「こころが繋がる感動空間をてのひらへ」をコーポレートメッセージとし、モバイル技術を用いてこころが豊かになるようなコンテンツを提供し、事業を展開していく中で、 モバイルもインターネットも普及していない発展途上国では、妊娠や出産が原因で1分に1人の女性が命を落としている、という事実を知りました。

弊社は「みんなのQ&A」「みんなの恋愛相談」「みんなの電話占い」という、人々が幸せになれる空間の提供を行っています。
上記サイトには恋愛や結婚、出産や子育てに関する悩みを抱えた人々が毎日集まり、それぞれが悩みを解決していますが、 発展途上国では恋愛や出産自体の自由もなく、その上、出産で命を落とす女性がとても多いのが現状です。
多くの途上国では妊産婦死亡率と乳児死亡率はほとんど下がっていません。

財団法人ジョイセフによると、開発途上国の妊産婦死亡率は出生10万人に対して450人。
これは日本の100倍以上の死亡率です。
病院もなく助産師もいない村では安全な出産の環境が整っておらず、
道端に落ちている石やガラスの破片でへその緒を切り、感染症で亡くなる母と子がたくさんいます。

そのような現状を知り、何とか力になれないかと考え、ジョイセフの推進する“ホワイトリボン運動”に参加する運びとなりました。

開発途上国での栄養不足、不衛生な環境、医療サービスの欠如、道路の不備や社会的な因習などの要因により、 妊娠、出産時に危機におかれる母と子の命と健康をサポートするための運動が、ジョイセフの行う"ホワイトリボン運動”です。

弊社運営サイト上で“ホワイトリボン運動”の紹介を行うほか、「みんなのQ&A」「みんなの恋愛相談」では、自分の相談に回答を寄せてくれた人へ行うお礼という行為1件に対して1円、 「みんなの電話占い」では、ご利用時間1分に対して1円をジョイセフへ寄付させて頂いております。

私たちは、てのひらで生まれた感謝の気持ちを海の向こうの母と子の幸せへと繋げていく活動を、今後も推進して参ります。

ホワイトリボン運動とは
財団法人ジョイセフ