恋愛体育教師・水野愛也先生と熱血恋愛対談!【中編】

恋愛体育教師の水野愛也先生との対談、第二回目。
今回、全国の皆さんのお悩みに愛也先生が答えます。
そして、日本で最も愛されている?男に宣戦布告!
愛也節炸裂の対談第二回、スタートです。


全員着席!愛也先生の恋愛特別授業、開始です!


小林:
弊社「みんなの恋愛相談」という恋愛相談サイトを運営しています。
恋愛に悩む人々が集まって、恋愛に関する相談、回答が行われているのですが、そこで寄せられた質問をいくつか持ってきましたので、回答を宜しくお願いします。
まず、1つめです。

「好きな人のメールアドレスを入手したけれど、何を送ればいいかわからない」

愛也:
なるほどね。
しかし、これは逆にビックリですよ。いくらでもありますよ。



小林:
きっかけにするのに何かいい話題みたいなものってありますか?

愛也:
これは対女子、になりますけど、間違いなく「食べ物」ですね。



小林:
なるほど

愛也:
あらかじめ凄く美味そうな食べ物の写メを撮っておくわけです。

宮崎駿さんはいかに食べ物を美味そうに見せるか、ということで何枚もラフ画を描いたそうなのですが、まさに宮崎駿さんのような気持ちで挑むべきですね。

写メと一緒に、「凄く美味しかったから、今度一緒に行こうよ」と誘うわけですよ。
女というのは、ほぼ24時間腹を空かせているような生き物ですから、
これはもう食いつきますよ。

だから、好きな食べ物を聞いておく必要はありますね。

例えば、アボガドが好きだとします。
「アボガドが日本一美味い店に連れていく」というメールが来たら、どんなブサイクからの誘いでも、これは行きますよ。

店は探さなければいけませんけどね。




小林:
今はインターネットがありますから、店を探すのはそんなに難しくないですからね。
みんなの恋愛相談は年齢層が若いのですが、若い人達に向けて何かアドバイスありませんか?


愛也:
それはもうケーキ、アイスですよ。
間違いないです。

食べ物に特化していけばかなり強いですよ。
あとは、食べた時の表現力を鍛えれば完璧でしょう。




小林:
次の質問です。

「好きな人に怖くてすっぴんを見せられない。お風呂の後、化粧をしていったらおかしいですか?顔が違ったら引いたりしませんか?」


愛也:
この質問は面白い質問ですね。
女子は気にしすぎですよ、すっぴん。僕はすっぴん派ですよ。

結論から言うと、すっぴんで行くべきですよ。
すっぴんをいかに武器として使うか。
驚かせることができるわけですよ。




小林:
2つの顔、2倍オイシイという考え方もありますよね。


愛也:
逆に、先にすっぴんを見せておき、化粧をして可愛くなる…
ロスゲイン効果を狙うという手もあります。

合コンに最初からすっぴんで行く、という手もあります。
いざデートの時に凄く可愛くなって登場したら…確実に男は落ちますよ。




小林:
でも、デートに行く前にそもそも選ばれないという可能性も…。


愛也:
それはリスクでもあります。
まぁ、この方法はさておき、すっぴんは見せていくべきですよ。






小林:
次の質問です。

「ナンパで知り合った人と真剣交際するのは無理ですか?」

愛也:
全然アリですよ。
ただ、ナンパする人はですね、付き合ってもナンパし続けますから。
浮気をする人が浮気し続けるのと同じですよ。

そのナンパ力混みで付き合えるかがポイントですね。




小林:
そこを目が潰れるか、ということですね。
でもお互い真剣なら全然アリだと思いますね。



愛也:
僕もナンパきっかけで付き合ったことはありますよ。

クリスマスの日にナンパした女の子と付き合ったことがあるんですが、
それは僕の本「LOVE理論」袋とじ「戦場のメリークリスマス理論」に詳しく書いてありますから、そちらを読んで貰えればと思います。




小林:
最後の質問です。

「別れた人が忘れられません。どうすれば忘れられるでしょうか」


愛也:
現実的な話をすれば、まず、その人の匂いがするものを全部焼却することです。
ちょっとでも思い出すものは、全焼却です。




小林:
僕も、昔付き合った人の香水の香りを街で嗅ぐと、反応してしまいますね。
「アイツじゃないか!?」って。


愛也:
写真も思い出すなら全部燃やせばいいんですよ。
テレビ見ててね、「アイツと一緒にこうやってテレビ見てたなぁ」と思い出した瞬間には、テレビを捨てるべきです。

「アッ!」ていう思い出しのきっかけを全部捨てていく。

そうすれば、いつかは忘れられますよ。



小林:
なるほどね


愛也:
僕はやりますよ、全部捨てますね。
だから過去に付き合った相手の写真とか全然ないんですよ。
でも、たまに昔の彼氏の写真とか平気で持っている女の子もいますからね。




小林:
僕は持っている派なんですね。
全部とってありますね…10何年分、ラブレターとか。
でも、その方が忘れるにはいいかもしれないですね。


愛也:
徹底的にやる、っていうのがポイントですね。

繰り返しますが「全焼却」です。
逆に1つでも残っていると、その残っているやつが全ての思い出を一身に背負って輝き出しますから。

完全なる焼却を目指してください。



小林:
よく過去の恋愛を忘れるには、新しい恋愛で、といいますが、そういう理論ではないんですね。


愛也:
全く違いますね。
まず捨てていく、っていうことです。

ちょっとでも思い出すなら、捨てる。

捨ててスペースを作らないと、新しいものは入ってこないですからね。
からっぽにしないと。





キムタクに問う。ニコール・キッドマンを抱いたのか?


小林:
先日、発売された「anan」は、「好きな男・嫌いな男」特集でした。
このランキングを見た男性は「結局顔かよ…」と、誰しもが落胆すると思うんですよ。

そんな中、モテに関する後天的才能の開発に力を注ぐ愛也先生の存在は、モテない男性からすると非常に心強い存在だと思います。
顔が悪くても、整形などせずに、好かれる男になれるのでしょうか?


愛也:
できる。
100%できる。


僕は逆に、こういう結果を見て「あーあ」とか「どうせ顔かよ」とか思っている男に腹が立ちますね。
まず、倒さなきゃいけない。

例えばね、この「anan」がコンビニにドーンと置いてある。
表紙のキムタクがドーンとくる。

…これはね、完全に攻めてきているわけですよ、敵が。

このままだと、やられるぞ、ということなんです。どんどんと、日本の女が。
これは倒さなきゃいかん。
倒さなきゃいけないのに、「そっか…」とかね。

これは戦争ですからね。僕から言わせてもらったら。



小林:
なるほど、確かにそうですね(笑)



愛也:
僕くらいしか、戦いを挑んでいないんじゃないですか?
いいですか、この「anan」の表紙に載っている名前(ananを指さしながら)、これ全員敵ですよ?

僕は今後、全員倒していきますからね。


小林:
具体的にはどういった方法で倒していくんですか?



愛也:
ま、女を寝取っていく、という形になりますよね。
もしくは、こいつらでも落とせない女を落とすことですよ。

僕はニコール・キッドマンを狙っているんですがね…。

本気ですよ。




小林:
ニコール・キッドマンですか…でかいですね、目標が(笑)


愛也:
いま日本っていうのは、平和だと言われてますけどね、違いますよ。
男っていうのは戦っていかないと、いかんのですよ。

ジャンプを読めばわかるでしょう。

みんな戦ってるんですよ。戦いが面白いんですよ。

なのに、キムタクに代表されるイイ男にイイ女をヤラれている一方で…
自分は、その辺の大して可愛くもない女の子で満足するなんてね…果たしていいのか、と。



小林:
負けを認めて妥協するな、と。


愛也:
連続ドラマを見たり、恋愛映画を見ている時間があるなら、恋愛マニュアル本を読め、と僕はマジで思ってますよ。
ドラマや映画なんて空想の出来事ですから。




小林:
ちなみに愛也先生、特に意識しているライバル的な存在はいますか?


愛也:
オダギリジョー…
彼は倒さなければいけない。




小林:
オダギリジョーさん、確かに人気はありますけど、何故、彼なのですか?


愛也:
飲み会に行きましてね、三回連続で、女の子が「オダギリジョーが格好良い」と答えたんですよ。
僕の目の前でね。

だから、かなりライバル視していますよ。
オダギリジョーは特にマークしていますが、ともかく全員倒しますよ、本気で。




小林:
わかりました。じゃあ、僕も…


愛也:
小林さんも倒します?いきますか?
じゃあ、僕ニコール・キッドマンにいくんで、アンジェリーナ・ジョリー、キャサリン・ゼダ・ジョーンズ辺りを…。




小林:
わ、わかりました(笑)がんばりますよ。


愛也:
盟友がここに生まれましたよ、どんどん戦っていきましょう!







----------------------------------------------------------
キムタク、オダギリジョーに真剣勝負を挑み、勝つ為にニコール・キッドマンを落とそうとする…
そんな男、この日本に他にいますか?
キムタクの好きな男連続V記録を阻むのは愛也先生かもしれません。

次回、愛也先生がナンパについて語ります!最終回もお楽しみに!

モテたい人は、ここをクリックッ!

恋愛ナビゲーター
小林 将大 (こばやし まさひろ)
1974年1月、東京都出身。
携帯向けコミュニティ企画/開発/運営をするエアロノーツ株式会社社長。
自らの失恋体験を元に、携帯向け恋愛相談サイト「みんなの恋愛相談」を構築。
わずか1年で10万件もの投稿があるサイトに成長させ、日本の恋愛教育に一役買っている。
■水野愛也 プロフィール■


「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師。
「世の中ではこれほど多くの人が恋愛で悩んでいるのに、恋愛を学校で教えないのはおかしい」と、現代教育の怠慢さに激怒した水野は、自らが恋愛教職者となることを決意。

過去に読破した恋愛マニュアル本は200冊以上。
その膨大な知識と自らの実践を通して開発した独自の恋愛理論「LOVE理論」を掲げ、私塾「ラブゼミナール」を開講する。
ルックス、身長、運動神経、家柄など、生まれつきの魅力(先天的才能)に真っ向から挑み、努力によって手に入れられる魅力(後天的才能)の開発に精力を注ぐ。
小人数の参加者から開始したラブゼミナールは口コミで話題となり、インターネットを中心に数多くのファンを獲得。

雑誌「KING」「サイゾー」でのコラム連載や、 ラブゼミナールの模様を収録したBEST版DVD「スパルタ恋愛塾~ソフト編~」 「スパルタ恋愛塾~ディープ編~」(共にポニーキャニオン)が発売されるなど、今後の活躍に期待が高まっている。

●水野愛也先生公式サイト 「愛のラブゼミナール」
●一億円プロジェクト公式ウェブサイト




プレゼントのお知らせ
水野愛也先生からみなさんに素敵なプレゼントが2点あります!

①著書 「LOVE理論」 1名様
②DVD 「スパルタ恋愛塾~ソフト編~」 1名様


①、②共に愛也先生の直筆サインと気合入り!


↑愛を込めてサインをする水野愛也先生

ご応募は、ドンドンこちらまで↓↓
info@aeronauts.jp

応募の際、希望するプレゼントの番号と、プレゼントの発送時に使用させて頂くお名前、ご住所を忘れずに明記してください。


対談相手 大募集! エアロノーツ代表取締役・小林将大の恋愛対談相手を募集中です!
恋愛にまつわる色々なお話、聞かせて頂けませんか?
登場してくださった方には、自己PR枠もご用意します♪

性別・年齢・職業、自薦・他薦は問いません!
問い合わせ等も気軽にinfo@aeronauts.jpまでメールを!お待ちしております。