恋愛体育教師・水野愛也先生と熱血恋愛対談!【前編】

久々の恋愛対談は、恋愛体育教師の水野愛也先生の登場!
先生独自のLOVE理論をたっぷり聞かせて頂きました。
いまの日本が抱えるアノ問題、解決の糸口は先生が握っていた…。
ブレイク寸前!?愛也先生の熱血恋愛体育授業、開講です!


義務教育に恋愛を!担当は、愛也先生!
-------「全国まとめて面倒みてやるよ、俺が」


小林:
恋愛体育教師、水野愛也先生との恋愛対談です。
恋愛について、色々と聞いていきたいと思うのですが…

愛也:
もう何でも聞いてくださいよ。 答えられないことはないですから。教師ですから。



小林:
はい、心強いですね(笑)
先生のDVD「「スパルタ恋愛塾~ソフト編~」 「スパルタ恋愛塾~ディープ編~」を拝見させて頂きましたが… 率直に、面白かったです。凄く面白かった。

愛也:
もっと言ってください。
どんどん言ってくださいよ、ほんと。




小林:
このDVDの中でも愛也先生がお話されていましたが、 先生は「義務教育に恋愛を」と提唱されていますよね。
先生から見て、現在の日本の恋愛レベルというのはいかがですか?
やはり、教育は必要だと感じますか?

愛也:
絶対的に必要ですね、これは。

義務教育でないと、まずい。そう僕は強く思っているわけですよ。




小林:
僕も、必要だと思うんですよね。
デュレックスというコンドームメーカーが「グローバル サーベイ」というものを発表しています。

これは、性に関する調査を世界で行った結果を発表したものなのですが、 このデータによると、日本人は平均12.5歳で性教育を受けているんです。
世界標準が13.2歳という結果が出ているので…


愛也:
日本は結構早い、ということになりますね。




小林:
そうなりますね。
しかし、どのくらいの年齢から性教育を始めた方がいいのか、という調査によると、 世界標準で11.5歳という結果が出ているんです。

世界的に見れば性教育が行われるのが早い日本ですが、理想からは1歳程遅れを取っていることになります。
愛也先生は、どのくらいの年から、恋愛を教えていかなければならないと思いますか?


愛也:
いやね、逆に小学校とかで教えちゃだめですよ。
逆に禁じていかねばなりません。

いま、小学生でセックスしてしまうような子もいるそうじゃないですか。
それはもう、腹が立ちますよ。
何が小学生の分際で…。

ですから…やはり、中二、ですよね。
逆に、この年齢以前は禁止してもいいくらいです。




小林:
そこまでですか(笑)


愛也:
「どうやってイイ女を落とすか」「どうやってイイ男を落とすか」、それは、中二になった段階で教えていく必要はありますよ。
銀座のクラブのママとかが、中二の女子達に教えるわけです。

ちなみに男子は、僕ですよ。愛也がしっかりやりますから。




小林:
中二となると…
全国にかなりの数がいますけど、愛也先生1人で大丈夫ですか?(笑)


愛也:
そこはサテライトですよ!
僕が全部やりたいというのはあります。

他の、モテているね、城咲仁さんとかに、このポジションを譲りたくはないですね。
日本は、僕がやりますから。任せといてくださいよ。





ニート・引きこもり対策に一石が投じられる!日本再生の道、ここにあり!


小林:
現状、日本では性教育しか行われていないですよね。


愛也:
そう!性教育。
性教育っつーのは、実際にセックスする時のことを教えるわけですけど、まずこれが間違い。
そもそもこっちはそのセックスできんで悩んどるっつーことなんですよ。



小林:
その手前の話ですからね(笑)



愛也:
現在の日本では、性教育だけでしょう。
いきなりゴール教えられても困るっつーんですよ。

会社で言えば、上場してからのやり方教えてもらっとるようなもんですよ。
まずは上場したいんだっつー話ですよ。


小林:
あははははは(笑)



愛也:
恋愛の教育が行われていないことにより、いま日本で何が起こっているかってことです。

結局、顔じゃないですか。
特に中学・高校の時の恋愛なんていうのは。

教育が行き届いていないから、顔で評価し、恋愛してしまうわけですよ。外見で恋愛するわけですわ。
そんな状況ですから、中学・高校の時は、顔がブサイクだと、いい女とは恋愛できんわけですよ。

この恋愛格差は埋めるべき、いや、無くさなければいけないんですよ。
この恋愛格差を埋めなければ、これはね、大変なことになりますよ。




小林:
た、大変なこととは何でしょうか?


愛也:
顔がブサイクな奴は当然「俺モテないなぁ」ってなっちゃうわけですよ。
どんどんダサくなっていき、「もういいや、恋愛は」と考えるわけです。

そうして、どんどんひきこもっていくわけです。

今、日本で問題になっている、ひきこもりやニートってやつは、ここから生まれていると僕は思いますよ。



小林:
なるほど…新説ですね。


愛也:
恋愛をきちんと教育していけば、
引きこもりやニートっていうのは減っていきますよ、これは。







----------------------------------------------------------
DVDの勢いそのままに、熱い恋愛論を展開する愛也先生。
思わず、某大手予備校に通っていた頃を思い出してしまいました。
先生ならきっと…中二男子のカリスマになれるはず!

次回、愛也先生の本領発揮!全国の恋愛に悩める人々の疑問にバッチリお答え!
そして明らかになる、愛也先生のライバル…。
内容盛りだくさんの次回、乞うご期待!



モテたい人は、ここをクリックッ!

恋愛ナビゲーター
小林 将大 (こばやし まさひろ)
1974年1月、東京都出身。
携帯向けコミュニティ企画/開発/運営をするエアロノーツ株式会社社長。
自らの失恋体験を元に、携帯向け恋愛相談サイト「みんなの恋愛相談」を構築。
わずか1年で10万件もの投稿があるサイトに成長させ、日本の恋愛教育に一役買っている。
■水野愛也 プロフィール■


「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師。
「世の中ではこれほど多くの人が恋愛で悩んでいるのに、恋愛を学校で教えないのはおかしい」と、現代教育の怠慢さに激怒した水野は、自らが恋愛教職者となることを決意。

過去に読破した恋愛マニュアル本は200冊以上。
その膨大な知識と自らの実践を通して開発した独自の恋愛理論「LOVE理論」を掲げ、私塾「ラブゼミナール」を開講する。
ルックス、身長、運動神経、家柄など、生まれつきの魅力(先天的才能)に真っ向から挑み、努力によって手に入れられる魅力(後天的才能)の開発に精力を注ぐ。
小人数の参加者から開始したラブゼミナールは口コミで話題となり、インターネットを中心に数多くのファンを獲得。

雑誌「KING」「サイゾー」でのコラム連載や、 ラブゼミナールの模様を収録したBEST版DVD「スパルタ恋愛塾~ソフト編~」 「スパルタ恋愛塾~ディープ編~」(共にポニーキャニオン)が発売されるなど、今後の活躍に期待が高まっている。

●水野愛也先生公式サイト 「愛のラブゼミナール」
●一億円プロジェクト公式ウェブサイト




プレゼントのお知らせ
水野愛也先生からみなさんに素敵なプレゼントが2点あります!

①著書 「LOVE理論」 1名様
②DVD 「スパルタ恋愛塾~ソフト編~」 1名様


①、②共に愛也先生の直筆サインと気合入り!


↑愛を込めてサインをする水野愛也先生

ご応募は、ドンドンこちらまで↓↓
info@aeronauts.jp

応募の際、希望するプレゼントの番号と、プレゼントの発送時に使用させて頂くお名前、ご住所を忘れずに明記してください。


対談相手 大募集! エアロノーツ代表取締役・小林将大の恋愛対談相手を募集中です!
恋愛にまつわる色々なお話、聞かせて頂けませんか?
登場してくださった方には、自己PR枠もご用意します♪

性別・年齢・職業、自薦・他薦は問いません!
問い合わせ等も気軽にinfo@aeronauts.jpまでメールを!お待ちしております。